個人再生残せる財産

MENU

個人再生しても残せる財産は?

個人再生は、今ある債務額を1/5もしくは100万円の大きな額に圧縮して3〜5年で返済していくという方法です。

 

もし3〜5年で完済できれば、そのほかの残った債務に関しては返済義務が免除されます。

 

これだけでも大きなメリットといえます。

 

その他に個人再生の場合、残せる財産が多いというのも魅力です。

 

個人再生の残せる財産は、個人再生手続きによって決められた返済額分の財産です。

 

つまり500万円以下の債務であれば100万円、それ以上の場合には債務額の1/5に相当する財産は手元に温存できます。

 

500万円の債務があって、個人再生によって100万円に債務額を圧縮したとします。

 

そうすると、例えば解約金が50万円相当の価値のある生命保険と50万円の価値のあるマイカーがあれば、両方合わせても100万円なのでいずれも温存できるわけです。

 

ちなみにマイカーの価値は、その時々の時価を基準として判断します。

 

もし返済額を超える財産が手元に残ってしまった場合には、2つの方法で処理します。

 

まずはオーバーしている分だけの財産を処分して、そのお金を返済に充てる方法です。

 

しかし中には、どの財産もできることなら処分せずに残したいと思っている人もいるはずです。

 

その場合には、返済額を大きくして財産全てを温存できるようにする方法もあります。

 

1/5もしくは100万円と紹介しましたが、これは上限の圧縮であって、これよりも多い返済計画を作ったとしても問題ありません。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所