MENU

持ち家を残して債務整理できる個人再生

返済をしてもなかなか借金が減らないとか、自分の収入を超える借金があるというのであれば債務整理も検討すべきです。

 

債務整理には、いくつか手続きの種類があります。

 

どのように借金問題を解決したいのかによって、選ぶべきアプローチは変わってきます。

 

中には持ち家を持っていて、できることなら持ち家は手放したくないと思っている人もいるはずです。

 

その場合におすすめの債務整理の方法として、個人再生があります。

 

個人再生とは、住宅ローン以外の債務整理をする方法を指します。

 

従来通り住宅ローンの返済をしますので、持ち家で引き続き生活をしながら借金を圧縮できます。

 

個人再生の手続きをすると、借金は100万円もしくは債務総額の20%に免除されます。

 

この債務を今後3年で返済してもらいます。

 

もしこの条件をクリアできれば、借金がまだ残っていたとしてもその債務は一切免除になります。

 

かなりの借金圧縮効果が期待できるので、返済も可能ではありませんか?

 

ただし先ほども見たように、住宅ローンは切り離されます。

 

従来通りの住宅ローンは返済をしていかないといけません。

 

新しく作成された返済計画と住宅ローンの返済の両方ができるかどうかを考えて、個人再生の手続きをしてください。

 

もし住宅ローンの返済ができないようであれば、せっかく個人再生で借金を圧縮しても持ち家を手放さざるを得なくなります。

 

どの方法が自分にとってベストの債務整理なのか、弁護士のアドバイスを参考にしながら判断してください。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所