MENU

個人再生しても車を残す方法はある?

債務整理の中でも個人再生は、マイホームを手元に残しながら債務整理できる方法として知られています。

 

しかしできることなら、自動車も手元に残したいと思う人もいるはずです。

 

特に地方在住の方は、生活の足として自動車は欠かせないという人も多いからです。

 

個人再生の手続きをしても、車を残す方法はあります。

 

個人再生では、手元にある程度の財産を残せます。

 

その財産の額とは、個人再生の中で新たに決められた返済計画に基づく返済額と同額です。

 

通常個人再生では、債務総額の1/5もしくは100万円の多い方が返済額になります。

 

この枠内であれば、自動車を手元に残せます。

 

ちなみに自動車の価格は、購入時の値段をベースにはしません。

 

手続きをしている時点における自動車の時価をベースにして判断します。

 

財産には自動車の他にも、保険なども含まれるのでどれを残すかということも検討する必要があります。

 

中には自動車を残したいけれども、時価ベースで判断すると1/5もしくは100万円の高い方の基準を超えてしまうケースもあるはずです。

 

もしどうしても自動車を残したいというのであれば、返済額を上乗せする方法もあります。

 

自動車の価格と同額まで返済額をかさましすれば、自動車を残すことも可能です。

 

自動車の価格の同額の返済額を原則として3年以内で返済できるのであれば、そのような返済計画を立ててください。

 

あくまでも1/5とか100万円は最低限度なので、それよりも多い返済計画を立てることに問題はありません。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所