MENU

個人再生の情報は個人信用情報に登録される

借金が返済能力を超えてしまっている、また自宅を所有していてできることなら手放したくないのであれば個人再生による債務整理を検討すべきです。

 

マイホームを残して、住宅ローン以外の債務を大幅に圧縮できます。

 

ただし個人再生をした場合、デメリットもある点も理解しておくべきです。

 

その中でも大きいのは、個人信用情報に事故情報が残ってしまう点です。

 

個人信用情報とは、過去にローンやクレジットカードのショッピングに関する情報が細かく掲載されているものです。

 

いつ借り入れして返済したのか、滞納はないか、現在の債務額はいくらかなどが登録されます。

 

個人再生などの債務整理をすると、その情報も事故情報という形でしっかり登録されます。

 

ブラックリストという言葉を聞いたことはありませんか?

 

ブラックリストは実在するものではなく、この事故情報が載った状態のたとえとして使われます。

 

ブラックリストに載ってしまうと、まともなローン会社は融資してくれなくなります。

 

クレジットカードも新たに作れなくなってしまいます。

 

事故情報の登録期間は、個人信用情報機関によって多少ずれがあります。

 

しかし長い所で7年、短くても5年程度は情報が掲載されます。

 

その間はローンも組めなくなりますし、カードも作れなくなります。

 

ですから、今まで以上にお金の管理をしっかりと行う必要があると思って下さい。

 

まともな所で借りられなくなるので、お金に困るとつい闇金などに手を出してしまう人もいます。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所