MENU

個人再生による返済後新たにローンを組むには

個人再生の手続きをすれば、債務総額は1/5程度に大幅な圧縮が可能です。

 

そしてこの圧縮された債務を3年以内に返済できれば、残りの借金に関しては支払いが免除されます。

 

ただし個人再生による手続きをするとデメリットも起こりえます。

 

その中でも大きいのは、個人信用情報に事故情報が登録されてしまう点です。

 

個人信用情報に事故情報があると、クレジットカードを作ったり新しくローンを組んだりすることが難しくなります。

 

いわゆるブラックリストに載った状態になってしまうわけです。

 

一部「ブラックOK」といている貸金業者もありますが、まともな業者ではありません。

 

闇金の可能性が高く、借入した後に高利によって、借金が雪だるま式に増える恐れが考えられます。

 

ただしこの事故情報は、永遠に記載されるわけではありません。

 

個人再生に基づく再生計画による返済後5〜7年も経過すれば、事故情報が消えます。

 

そうすれば、クレジットカードを作るにしても、新規のローンを組むにしても問題なく審査をクリアできます。

 

多少時間がかかるものの、ローンやクレジットカードのサービスをずっと利用できなくなるわけではありません。

 

個人再生を含め債務整理に関して、誤った認識が広まっているケースも見られます。

 

誤解してなかなか債務整理に踏み出せないのであれば、大変な損をしているといえます。

 

もし借金問題で困っているのであれば、弁護士などの専門家にまずは相談してみることです。

 

無料相談を行っている所もあるので、債務整理の疑問を解消してください。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所