MENU

個人再生でオートローンの取り扱いはどうなる?

個人再生による債務整理を検討している人の中には、オートローンの返済のさなかという人はいませんか?

 

もしオートローンを組んでいて個人再生による債務整理をお願いすると、オートローンの支払いは原則として停止になります。

 

もし自動車ローンの返済が止まったとなると、ローン会社は自動車の引き上げによって対処します。

 

ローンの契約書を見てください。

 

所有権留保事項という項目はありませんか?

 

この条項に基づく行為です。

 

ただしもし自動車の登録名義が債権者たるローン会社になっていないのであれば、自動車の引き上げを拒否する権利が皆さんにはあります。

 

つまり、引き続き自動車の運転は可能です。

 

厳密には引き上げ拒否できるのは、再生手続き開始決定の後ではありません。

 

しかしそれ以前に引き上げをしようとするローン会社に対して、弁護士は引き上げを控えるよう申し入れをしてくれます。

 

ですから自動車を突然失うという事態はまず起こらないと思ってもらっていいです。

 

燃費が良く小回りもきく、さらにメンテナンスコストがあまりかからないということで、軽自動車をマイカーにしている人も多いです。

 

軽自動車の場合、所有者名義がローン会社になっていたとしても引き上げを拒否できるケースもあります。

 

地域によっては、生活の足として自動車は欠かせないので急に引き上げられると困るというケースもあるはずです。

 

その場合には、あらかじめ個人再生の手続きを依頼する弁護士に相談してみることです。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所