MENU
匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所
 

個人再生をするとどうなる?記事一覧

借金の圧縮をして、かつマイホームを残すことのできる債務整理が個人再生です。これだけのことをお願いするわけですから、どうしてもペナルティを受けないといけません。その中でも大きいのは、一定期間官報に掲載されるということです。官報とは、法律や政令などの改正や制定、破産や相続に関する裁判情報が掲載されている媒体をさします。国の発行している新聞だと思ってください。つまり官報を見た人であれば、だれが個人再生の...

個人再生は、今ある債務額を1/5もしくは100万円の大きな額に圧縮して3〜5年で返済していくという方法です。もし3〜5年で完済できれば、そのほかの残った債務に関しては返済義務が免除されます。これだけでも大きなメリットといえます。その他に個人再生の場合、残せる財産が多いというのも魅力です。個人再生の残せる財産は、個人再生手続きによって決められた返済額分の財産です。つまり500万円以下の債務であれば1...

個人再生による債務整理を検討している人の中には、オートローンの返済のさなかという人はいませんか?もしオートローンを組んでいて個人再生による債務整理をお願いすると、オートローンの支払いは原則として停止になります。もし自動車ローンの返済が止まったとなると、ローン会社は自動車の引き上げによって対処します。ローンの契約書を見てください。所有権留保事項という項目はありませんか?この条項に基づく行為です。ただ...

個人再生は、住宅ローンを外してその他の債務を1/5もしくは100万円のうち高い方を3年で返済する計画に作り直せます。住宅ローンが債務整理の対象外になるので、マイホームは温存できます。マイホームを持っている人にとって、かなりメリットの大きい債務整理の方法といえます。しかしいっぽうで、デメリットのあることも理解しておいてください。その中でも大きいのは、しばらく新しいローンを組めないという点です。ここで...

借金が返済能力を超えてしまっている、また自宅を所有していてできることなら手放したくないのであれば個人再生による債務整理を検討すべきです。マイホームを残して、住宅ローン以外の債務を大幅に圧縮できます。ただし個人再生をした場合、デメリットもある点も理解しておくべきです。その中でも大きいのは、個人信用情報に事故情報が残ってしまう点です。個人信用情報とは、過去にローンやクレジットカードのショッピングに関す...

返済をしてもなかなか借金が減らないとか、自分の収入を超える借金があるというのであれば債務整理も検討すべきです。債務整理には、いくつか手続きの種類があります。どのように借金問題を解決したいのかによって、選ぶべきアプローチは変わってきます。中には持ち家を持っていて、できることなら持ち家は手放したくないと思っている人もいるはずです。その場合におすすめの債務整理の方法として、個人再生があります。個人再生と...

債務整理の中でも個人再生は、マイホームを手元に残しながら債務整理できる方法として知られています。しかしできることなら、自動車も手元に残したいと思う人もいるはずです。特に地方在住の方は、生活の足として自動車は欠かせないという人も多いからです。個人再生の手続きをしても、車を残す方法はあります。個人再生では、手元にある程度の財産を残せます。その財産の額とは、個人再生の中で新たに決められた返済計画に基づく...

自分の身にもしものことがあった場合に、家族に迷惑をかけないようにするため生命保険に加入している人はいませんか?個人再生手続きをする時に、生命保険はどのような扱いを受けるのでしょうか?個人再生手続きをする時に、別に生命保険を解約する必要はありません。引き続きもしものための保障は受けられます。むしろ解約をしない方が、返済計画を立てる上でプラスに働くとも言えます。生命保険の中には、一定期間加入していると...

借金の返済が自分の収入ではなかなか難しくなった、返済を長くしているのになかなか借金がなくならないという悩みを抱えている人はいませんか?このような人は債務整理をして、返済の負担を軽減するべきです。個人再生という債務整理の方法を取れば、借金総額の1/5もしくは100万円のいずれか高い方に間で債務を減額できます。しかし個人再生をすると、配偶者をはじめとして家族に影響が出るのではないか、と思っている人もい...

個人再生の手続きをすれば、債務総額は1/5程度に大幅な圧縮が可能です。そしてこの圧縮された債務を3年以内に返済できれば、残りの借金に関しては支払いが免除されます。ただし個人再生による手続きをするとデメリットも起こりえます。その中でも大きいのは、個人信用情報に事故情報が登録されてしまう点です。個人信用情報に事故情報があると、クレジットカードを作ったり新しくローンを組んだりすることが難しくなります。い...