MENU

個人再生の手続きの流れを紹介

個人再生による債務整理の手続きをする場合、以下のような流れで進められます。

 

まずは裁判所に申し立てをするところから、手続きは始まります。申し立てをする時には、必要書類がいくつかあります。

 

申立書と陳述書、債権者の一覧表です。

 

その他に添付書類として、源泉徴収票や給与明細、財産目録のような個人の財産を証明する書類が必要です。

 

さらに戸籍謄本や住民票のような自分の身分を証明できる書類も併せて提出します。

 

申立を裁判所が受理すると、再生委員が選任されます。

 

再生委員の下で、再生計画案を作成します。

 

再生計画案では現在の債務を圧縮して、3年間で完済できるような返済計画を作成します。

 

再生計画案を裁判所に提出して、問題なしと認められれば、その計画に則った形で今後は返済をしていきます。

 

小規模個人再生で手続きを進めるのであれば、債権者に再生計画案を提示しないといけません。

 

その上で、債権者並びに債務額の過半数の同意を取り付けないと、計画案は認められません。

 

再生計画案通りの返済をしていき、当初の予定通り返済できたとします。

 

そうすれば、たとえまだ実際には債務が残っていたとしても、その部分は免除されます。

 

すなわち晴れて借金から解放される流れになるわけです。

 

3年で完済が目安ですが、病気やけがで働けなくなって、当初の予定がずれてしまった場合、特例として3年の返済期間を5年に延ばすことも可能です。

 

5年の延長が認められ、期間内で返済できても残債は免除されます。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所