個人再生ペアローン

MENU

ペアローンを個人再生するには?

マイホームを購入するときに、夫婦共有という形で購入するケースが増えています。

 

このような形で住宅ローンを組む場合、いわゆるペアローンという形をとるケースが多いです。

 

このような時に例えば、片方の配偶者が住宅ローン以外に大きな借金を抱えて返済不能になったとします。

 

マイホームは手放したくないので、個人再生で債務整理をしたいけれども可能かという質問は多く寄せられます。

 

ペアローンを組んでいるカップルが個人再生の申し立てをする場合には、夫婦共同で手続きを進めないといけません。

 

ペアローンといっても、夫と妻のローンはそれぞれ独立していると考えられます。

 

そして2本立ての金銭消費貸借契約を結んで、夫婦共同で住宅資金を調達している形をとります。

 

ちなみに共有不動産となるマイホームの抵当権は夫婦別々に設定されています。

 

このような場合にペアローンによる債務整理をして、住宅資金特別条項という住宅ローンを切り離した借金圧縮をするためには条件が2つあります。

 

それはまず同一家計を営んでいるものが、いずれも個人再生の申し立て手続きをすることです。

 

そしてもう一つは、いずれも住宅資金特別条項を定める申述をすることです。

 

この2つの要件を満たせば、夫婦両方の住宅資金特別条項を認めてよいという運用が定められています。

 

もしペアローンを組んでいて、確実にマイホームを残しながら債務整理したいのであれば、弁護士などの専門家に相談してみると良いです。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所