MENU

年金生活者が個人再生手続きをする

高齢化社会が進み、年金生活者も増加傾向にあります。

 

そのような人の中で、借金を抱えていて返済が厳しいという人はいませんか?

 

債務整理の中の一つである個人再生は、借金を大幅に圧縮できる方法として注目されています。

 

しかも持ち家を手放すことなく債務整理できるので、マイホームを持っている人にもおすすめの方法です。

 

個人再生は、年金生活者でも手続きはできます。

 

個人再生の場合、借金の圧縮はします。

 

しかし債務がゼロになるわけではなく、引き続き返済は続けていきます。

 

このため、安定した継続的な収入のある人が対象です。

 

年金生活者の場合、年金が一定のペースで入ってくるので、この継続的な収入の基準を満たしています。

 

このため個人再生による手続きは可能なのです。

 

ただし年金ともなると現役世代と比較して、どうしても収入は少なくなります。

 

このため、借金返済に使えるお金も限られるはずです。

 

そこで返済をしてなおかつ生活に困らないだけのお金を確保できるかどうかで、個人再生が認められるかどうかが決まります。

 

個人再生による債務整理を検討するのであれば、ある程度生活費を切り詰めて、なるべく返済資金に充てるように心がけるべきです。

 

もし借金を減額しても、年金で生活費から返済までのすべてのやりくりをするのが難しいという人も出てくるでしょう。

 

その場合には、自己破産といって借金をチャラにする債務整理の方法も検討すべきです。

 

何が自分にとってベストの整理の方法なのか、弁護士などの専門家に相談してアドバイスをもらうべきです。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所