MENU

個人再生の流れを追ってみる

個人再生の手続きは裁判所で進められます。

 

流れとしてはまず、弁護士などの専門家に仕事の依頼をします。

 

そうすると受任通知が債権者側に送付され、この時点で借金の取り立てはストップします。

 

続いて取引履歴などを見て、利息制限法に基づく引き直し計算をします。

 

もし余計な利息を支払っている場合には、元金の差し引きもしくは過払い金返還請求をします。

 

その上で裁判所に個人再生の申し立てをするための書類の準備をします。

 

法律事務所の方から準備すべき書類の指示がありますので、その指示に従ってください。

 

準備ができれば、裁判所に申し立て書類を提出して、具体的な手続きが始まります。

 

裁判所で個人再生委員が選任され、再生委員面談が実施されます。

 

事件受付から1〜2週間後だと思ってください。

 

再生手続き開始は、債権者側にも通知されます。

 

そして貸金業者に借金額を裁判所に届け出てもらいます。

 

その債権額を認否するかどうかを債務者側が今度は判断します。

 

認否一覧表を作成して、個人再生委員に提出します。

 

受付の1か月後くらいに個人再生委員の意見を聞いた裁判所は、再生手続きを正式に開始します。

 

再生計画案を債務者側が作成をして、法律上の要件を満たしているのであれば給与所得者再生の場合、その時点で決定です。

 

小規模個人再生の場合には、債権者に再生計画書が提示されます。

 

そして過半数の同意を取り付けることができれば、裁判所が再生計画認可決定を行い、その案に基づく返済をしていきます。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所