個人再生申立必要書類

MENU

個人再生申立の必要書類

個人再生の手続きは裁判所に申立をするところからスタートします。申立するにあたって、必要書類がいくつかあります。

 

まずは、個人を証明する書類が必要です。

 

戸籍謄本と住民票が必要になります。

 

省略のないもの、住民票は家族のいる場合、全世帯分を提出します。

 

いずれも発効から3か月以内のものではないといけません。

 

ちなみに、東京都横浜地裁で手続きをする場合には、戸籍謄本は必要ありません。

 

また収入を証明できる必要書類も提出しないといけません。

 

サラリーマンなどの給与所得者の場合、源泉徴収票や給与明細が必要です。

 

源泉徴収票は過去2年分、給与明細は過去3か月分のものが必要です。

 

自営業者やフリーランスの場合には、確定申告の書類を準備することです。

 

年金受給者であれば、年金証書や年金受給者振込通知はがきを準備してください。

 

財産を所有しているのであれば、財産関係の書類も申立の時に提出しないといけません。

 

住宅を所有しているのであれば、不動産登記簿謄本、住宅ローンの借入のある場合には住宅ローン契約書が必要です。

 

不動産関係の書類は親族名義のものでも、提出が求められます。マイカーを持っている人は、車検証を準備してください。

 

預金通帳は原本で、過去2年分が必要です。

 

手続きをする直前に全取引の記帳を済ませておいてください。

 

生命保険や損害保険に加入しているのであれば、保険証券などの書類も必要です。

 

弁護士に依頼すれば、必要書類の指示がありますのでその通りに書類を集めてください。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所