個人再生口座凍結

MENU

個人再生前に口座凍結対策を

個人再生による債務整理の手続きをする前に、銀行口座に預金があればすべて引き出しておいてください。

 

通常弁護士に個人再生の仕事依頼をします。

 

弁護士は仕事を受けると、受任通知を金融機関に対して発送します。

 

そうすると、皆さんの銀行口座は凍結されてしまいます。

 

口座凍結されてしまうと、預金は一切引き出せなくなるので注意してください。

 

場合によっては、再生計画にも大きく影響を及ぼす可能性も出てきます。

 

お金が引き出せない以上、返済するためのもとでの資金もなくなるからです。

 

特に弁護士を使って個人再生の手続きをするからと思って、弁護士費用を銀行口座に残しておく人も多いです。

 

ところが口座凍結されてしまうとお金が引き出せなくなるので、弁護士費用を賄えなくなったという事例も実際にあります。

 

口座からお金をすべて出しただけでも、まだ安心できません。

 

口座凍結が行われた後に、給料や売掛金などが口座に振り込まれる可能性もあります。

 

この場合、売掛金が凍結されてしまって個人再生費用に充てたくても充てられなくなる恐れも出てきます。

 

このように口座凍結されると、身動きが取れなくなる事態も十分に想定できるわけです。

 

そこで弁護士が介入する時点から逆算して、売掛金や給料に関しては取引先や会社に一時的に弁護士の預り金口座に入金してもらえるように交渉しておいてください。

 

そして請求書を出し直すという対策をとります。

 

このような問題も弁護士に相談すれば、アドバイスがもらえますので事前に確認しておくべきです。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所