MENU

個人再生手続きの必要書類とは

5000万円以下の債務で、マイホームを持っていてできるなら手放したくないというのであれば個人再生による債務整理の方法を検討すべきです。

 

個人再生の手続きは、裁判所に申し立てて進められます。

 

申し立てをする時にいくつか必要書類が出てきます。

 

弁護士や司法書士に依頼して手続きを進める人が多いので、事務所のスタッフから必要書類の指示はあるでしょうから、その指示に従って準備を進めてください。

 

まず自分を証明するための書類が必要です。

 

戸籍謄本と住民票、住居証明資料が必要です。

 

いずれも発行されてから3か月以内のものでないといけません。

 

ちなみに東京もしくは横浜地裁で手続きを進めるのであれば、戸籍謄本の準備は不要です。

 

続いて財産を証明するための書類も、提出する必要があります。

 

預金通帳や保険証券、保険の解約返戻金額証明書、不動産登記簿謄本、車検証などの財産を証明するための書類をすべて準備してください。

 

マイホームを購入した時、住宅ローンを組んだのであれば、ローンの契約書も提出する必要があります。

 

申し立てをした当人の収入を証明するための書類も必要です。

 

サラリーマンであれば給与明細や源泉徴収票が挙げられます。

 

フリーランスや自営業者の場合、確定申告の書類や納税証明書が該当します。

 

退職金を得ている人であれば、退職金を証明する書類を提示しないといけません。

 

このようにさまざまな書類を準備する必要があります。

 

個人再生の手続きをすることになった時点で、早めに集めておくことです。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所