個人再生遅延損害金

MENU

個人再生手続きと遅延損害金

ローンを組んで借入を行った時に、当然のことながら返済をしていかないといけません。

 

返済をする時には借り入れた元金の返済の他にも、さまざまなコストが発生します。

 

元金に対して一定の金利をかけた利息の支払いをしないといけません。

 

また遅延損害金も支払う必要があります。

 

遅延損害金とは、もし返済の期日に返済できなかった場合元金返済や利息の他に合わせて支払う一種のペナルティのようなお金です。

 

遅延損害金も利息同様、元金に一定のパーセンテージをつけて支払います。

 

利息や遅延損害金の支払いが時として、返済の負担を大きくすることもあります。

 

債務整理の中の一つである個人再生の場合、返済計画を新たに立て直します。

 

通常は、債務総額の1/5もしくは100万円に返済額を減額します。

 

そして新たな返済計画の下で、3〜5年で返済をしていきます。

 

計画通り1/5もしくは100万円の返済ができれば、他に債務があってもその部分の返済義務は免除されるものです。

 

債務総額の1/5もしくは100万円に借金が減額するのですから、これだけでも返済負担はかなり軽減されます。

 

プラスして、再生手続き開始決定後の返済に関しては、利息や遅延損害金の一切も免除されます。

 

利息や遅延損害金の支払いがなくなることで、さらに返済の負担が軽くなります。

 

ただし個人再生手続きをする場合には、安定した収入のあることなど一定の条件を満たさないといけません。

 

個人再生による手続きが可能か、弁護士などの専門家に相談することです。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所