個人再生する

MENU
匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所
 

個人再生を行う記事一覧

個人再生の手続きは裁判所で進められます。流れとしてはまず、弁護士などの専門家に仕事の依頼をします。そうすると受任通知が債権者側に送付され、この時点で借金の取り立てはストップします。続いて取引履歴などを見て、利息制限法に基づく引き直し計算をします。もし余計な利息を支払っている場合には、元金の差し引きもしくは過払い金返還請求をします。その上で裁判所に個人再生の申し立てをするための書類の準備をします。法...

5000万円以下の債務で、マイホームを持っていてできるなら手放したくないというのであれば個人再生による債務整理の方法を検討すべきです。個人再生の手続きは、裁判所に申し立てて進められます。申し立てをする時にいくつか必要書類が出てきます。弁護士や司法書士に依頼して手続きを進める人が多いので、事務所のスタッフから必要書類の指示はあるでしょうから、その指示に従って準備を進めてください。まず自分を証明するた...

個人再生による債務整理の手続きをする場合、以下のような流れで進められます。まずは裁判所に申し立てをするところから、手続きは始まります。申し立てをする時には、必要書類がいくつかあります。申立書と陳述書、債権者の一覧表です。その他に添付書類として、源泉徴収票や給与明細、財産目録のような個人の財産を証明する書類が必要です。さらに戸籍謄本や住民票のような自分の身分を証明できる書類も併せて提出します。申立を...

個人再生の手続きは裁判所に申立をするところからスタートします。申立するにあたって、必要書類がいくつかあります。まずは、個人を証明する書類が必要です。戸籍謄本と住民票が必要になります。省略のないもの、住民票は家族のいる場合、全世帯分を提出します。いずれも発効から3か月以内のものではないといけません。ちなみに、東京都横浜地裁で手続きをする場合には、戸籍謄本は必要ありません。また収入を証明できる必要書類...

個人再生をするにあたって、その前に具体的にどのような手続きをするのか、自分の条件で個人再生は認められるのかなどわからないこともたくさん出てくるはずです。そこでまずは弁護士に相談する所から始めてください。弁護士の中には、無料相談に対応している所もあります。対面式の他にも、電話やメールを使った相談業務を行っている事務所も見られます。無料なので、気軽に相談できるのではありませんか?無料相談をする時に、事...

現在では日本全国で大小合わせるとさまざまなキャッシングサービスがあります。即日審査で、中には即日融資にも対応しているサービスもあり便利です。またATMなどを使って手軽に借り入れできるので、いざという時に重宝します。しかしこの手軽さが時として、後々問題になる可能性もあります。ついつい気軽に借り入れしてしまって、気が付いた時には返済ができないほど借金が膨らんでしまったという話もしばしば耳にします。もし...

マイホームを購入するときに、夫婦共有という形で購入するケースが増えています。このような形で住宅ローンを組む場合、いわゆるペアローンという形をとるケースが多いです。このような時に例えば、片方の配偶者が住宅ローン以外に大きな借金を抱えて返済不能になったとします。マイホームは手放したくないので、個人再生で債務整理をしたいけれども可能かという質問は多く寄せられます。ペアローンを組んでいるカップルが個人再生...

ローン会社が融資の審査をする時に、職業をチェックします。公務員はまず勤務先がつぶれることはありませんし、将来にわたって安定した収入が得られます。そこで職業の中では最も高く評価されます。このため、公務員に対してはいきなり100万円くらいの借り入れ限度額を設定するケースも見られます。いくらでも借りられてしまうので、ついついたびたび借入してしまう人もいるようです。その結果気が付いた時には、返済できないく...

個人再生による債務整理の手続きをする前に、銀行口座に預金があればすべて引き出しておいてください。通常弁護士に個人再生の仕事依頼をします。弁護士は仕事を受けると、受任通知を金融機関に対して発送します。そうすると、皆さんの銀行口座は凍結されてしまいます。口座凍結されてしまうと、預金は一切引き出せなくなるので注意してください。場合によっては、再生計画にも大きく影響を及ぼす可能性も出てきます。お金が引き出...

個人再生手続きは、必要書類を準備してまず申し立てをします。そうすると個人再生委員が選任され、債務者などと面談を実施します。個人再生委員は、なぜ個人再生による債務整理をせざるを得なくなったのか、いろいろと質問します。再生計画を立てるために、借金の支払い能力や財産を所有しているかどうかに関して質問をします。収入がどの程度あるのか、高価な財産を保有しているかどうかを質問します。個人再生委員と面談するとい...

個人再生の手続きを行うにあたり欠かせない工程として、清算価値の算出があります。清算価値の算出とは、個人再生の申立をした個人にどの程度の財産があるかを算出する手続きをさします。ここでは東京地裁における清算価値のポイントについて、いくつかピックアップして紹介します。東京地裁における清算価値の算出では、生命保険の契約返戻金や有価証券、自動車やバイクの時価、貯金や預貯金の類で20万円以下の場合には、清算価...

家計が苦しいので、専業主婦がカードローンなどで借り入れをするケースもあります。その中で、返済するための資金がなく債務整理を検討している人はいませんか?専業主婦でも債務整理をすることは可能です。ただし債務整理の中でも、個人再生を使って債務整理するのは難しいと思ってください。個人再生は、これから3〜5年以内に現在の債務総額の1/5もしくは100万円のいずれか多い方を返済する計画に立て直す方法をさします...

ローンを組んで借入を行った時に、当然のことながら返済をしていかないといけません。返済をする時には借り入れた元金の返済の他にも、さまざまなコストが発生します。元金に対して一定の金利をかけた利息の支払いをしないといけません。また遅延損害金も支払う必要があります。遅延損害金とは、もし返済の期日に返済できなかった場合元金返済や利息の他に合わせて支払う一種のペナルティのようなお金です。遅延損害金も利息同様、...

個人再生の手続きをする時に、陳述書の作成が求められます。陳述書とは簡単に言ってしまうと、個人再生せざるを得なくなった借金の背景などを説明した書類のことです。陳述書の内容は手続きをする裁判所や担当する弁護士によっても変わってきます。依頼した弁護士の指示に従って、作成してください。一般的な陳述書の内容は、以下のような項目について記述する形になります。まず借入をし始めた時期と借金をした原因について質問さ...

高齢化社会が進み、年金生活者も増加傾向にあります。そのような人の中で、借金を抱えていて返済が厳しいという人はいませんか?債務整理の中の一つである個人再生は、借金を大幅に圧縮できる方法として注目されています。しかも持ち家を手放すことなく債務整理できるので、マイホームを持っている人にもおすすめの方法です。個人再生は、年金生活者でも手続きはできます。個人再生の場合、借金の圧縮はします。しかし債務がゼロに...

個人再生を申し立てることで、向こう3〜5年以内で完済できるような再生計画を立てます。3〜5年以内に再生計画に書かれている借金を完済できれば、まだ債務が残っていたとしてもその部分の返済義務は免除になります。大幅に借金を圧縮できるので、返済が厳しくなった人は活用を検討すべきです。ただしもし抱えている借金の中に、連帯保証人をつけているものがあれば、手続きに入る前に連帯保証人に説明をする義務があると思って...