MENU

住宅ローンのみを個人再生で債務整理はできる?

個人再生の特徴は、住宅ローンを切り離して債務整理をするところにあります。

 

このようにすることで、マイホームを温存しながらその他の借金を少なくして、返済しやすい状況を作るわけです。

 

そうなると、現在抱えている借金が住宅ローンだけとなると個人再生しても意味がないのではないか、という話になります。

 

しかし住宅ローンしか借金がない状況でも、個人再生の手続きをすることは可能です。

 

住宅ローンのみが債務の場合でも、個人再生では借金整理の対象からは外れます。

 

ですから民事再生をしても、債務額は減りません。

 

しかしケースバイケースによって、個人再生するのがメリットになる場合もあります。

 

住宅ローンの返済が厳しくなっているのは、リストラや会社の業績悪化などで、収入が少なくなったからではありませんか?

 

その結果、所得に対するローンの占める割合が大きくなって、返済する資金が準備できないケースが多いです。

 

そこで個人再生の手続きを取ることで、返済期間の延長が認められるケースもあります。

 

そうすれば、月々の返済額が少なくなり、家計のやりくりをしながら、返済資金を用立てることができるようになる可能性も出てきます。

 

ただし個人再生をしてメリットもあるケースもあれば、あまり意味のないケースもあり得ます。

 

そこで自分たちの場合に、住宅ローンのみで個人再生をする意味があるかどうか専門家のアドバイスを受けてください。

 

弁護士に相談をすれば、どのような債務整理をすべきか、アドバイスしてくれます。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所