MENU

個人再生における弁護士と司法書士の違い

個人再生の手続きは、自分だけでもできることにはなっています。

 

しかし手続きが大変複雑なので、素人が独力で行うのはかなり困難です。

 

そこで通常は専門家にお願いして、手続きの代行をしてもらいます。

 

手続き代行をしてくれる専門家として、弁護士もしくは司法書士がいます。

 

弁護士と司法書士、どちらに依頼をした方が良いのでしょうか?

 

弁護士と司法書士の違いは、「書類作成代理人」となるか「代理人」となるかの違いです。

 

司法書士の場合、書類作成代理人で基本的には個人再生をするのに必要な書類の作成をするのがメインです。

 

弁護士の場合、個人再生申立てまでを当人に代わって行えます。

 

また個人再生の中で、審尋が行われることがあります。

 

審尋とは、裁判官と債務者が面談をしていろいろと話を聞くことです。

 

審尋には弁護士も司法書士も参加はできます。

 

しかし弁護士の場合、債務者に代わって裁判官の質問に答えられます。

 

しかし代理人になれない司法書士の場合、文字通り立会いだけで代わって答えられません。

 

司法書士はこのようにしてみると、個人再生の手続きの中ではかなり行動に制約が伴います。

 

司法書士で豊富な実績を持っている人であれば、書類の準備から申し立ての手続きまでしっかりとサポートしてくれる所もあります。

 

しかしあらゆる事態に対応できるように準備したいのであれば、弁護士に業務の依頼をした方が無難といえます。

 

個人再生の実績豊富な弁護士に一度相談してみてください。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所