個人再生注意点

MENU

個人再生の注意点とは

借金が膨らんで返せない状況になってしまった、そんな時には債務整理で何とか乗り切る方法を検討していく必要が出てきます。

 

全部返済するのはとても無理だけど自己破産はなんとしても避けたい、そんな場合には任意整理、特定調停、個人再生(民事再生)のいずれかの方法を目指すことになりますが、その中でももっとも大幅な借金の減額が期待できるのが個人再生です。

 

さらにこの個人再生は自己破産とは異なり、成立によってマイホームや車といった財産を手放す必要がない点も大きな魅力です。

 

自己破産で借金を帳消しにすることができたのはいいけれどもせっかく住宅ローンを組んで購入したマイホームまで失ってしまうのでは新たに生活を立て直すにしてもなかなか難しいものがありますし、仕事などの都合で車が必要な場合にはマイカーを手放してしまうのは大きなデメリットです。

 

それだけにこうした財産を残すことができる個人再生は魅力的な選択肢といえます。

 

ただメリットが大きいだけに適用されるのはさまざまな条件をクリアしなければなりません。

 

また必ずしもメリットばかりとはいえず、注意点も踏まえておくことが大前提です。

 

注意点の第一は3年以内に返済することが大前提になることです。

 

減額される金額もその人の経済状況を考慮したうえで3年以内の返済が可能な範囲で決定されます。

 

ですから借金が減額されたからといって返済が楽になる、というわけではなく、現在の経済状況の範囲内でがんばって返済していく努力が求められます。

 

それからこの方法が利用できないケースもあること。

 

先述したように3年以内に返済できることを前提に減額の幅が決められるため、返済できるだけの安定した経済状況が求められます。

 

また、減額の幅にも限度があり、3000万〜5000万円の場合は10分の1、1500万〜3000万の場合には300万円までとなっています。

 

しかも住宅ローン以外の借金の総額が5000万円を超える場合にはこの方法は適用されないので注意が必要です。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所