MENU

債務整理の一つ個人再生とは

債務整理にはいくつかの方法があります。

 

その中でも2001年に運用がスタートした比較的新しい方法に、個人再生があります。

 

個人再生とは任意整理による処理が難しいけれども、自己破産も回避したい人のための債務整理の方法です。

 

個人再生の最大の特徴は、マイホームを所有している人はマイホームの処分をすることなく借金整理できるところです。

 

個人再生にはさらにその中で2種類の方法があります。

 

給与所得者再生とは、サラリーマンや公務員など給料による収入のある人に適応されます。

 

またサラリーマンでなくても、収入の変動が年収の20%以内であれば利用は可能です。

 

もう一つの方法は、小規模個人再生です。

 

小規模個人再生とは、継続的な収入のある自営業者やフリーランスなどに適用されます。

 

フリーターやパートタイマー、年金生活者も継続収入があれば利用できます。

 

債務総額が5000万円未満で、返済計画に関して過半数の債権者の同意が得られれば適用できます。

 

ちなみに給与所得者再生の場合、この債権者の同意は必要ありません。

 

個人再生とは、住宅ローンを除いた借金総額の1/5もしくは100万円のいずれか多い額を3年間で返済できるような返済計画を作り直します。

 

そしてもしその条件をクリアして、3年以内に完済できれば、そのほかに借金があったとしてもその借金は免除できます。

 

ただし個人再生の場合、住宅ローンの債務に関しては適用外になります。

 

従来通りの条件で返済していかないといけません。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所