MENU

個人再生と任意整理の違いとは

債務整理には、個人再生と任意整理、自己破産という主に3種類の方法があります。

 

自己破産は借金の返済ができなくなった場合、身の回りのもの以外の財産をすべて処分します。

 

それでも借金が残るのであれば、その部分の返済義務は無条件で免除される方法です。

 

自己破産と違って、個人再生や任意整理の場合、借金の額が少なくなるものの引き続き返済を続けていきます。

 

では個人再生と任意整理の違いはどこにあるのでしょうか?

 

それは、裁判所が間に入るかどうかの違いです。

 

任意整理の場合、間に裁判所は入れません。

 

債務者側と債権者側が直接交渉して、今後の再生計画を決めていきます。

 

ちなみに弁護士に一任するのであれば、弁護士が代理人となって債権者側と交渉します。

 

このため、交渉の場に皆さんが出ていくことはまずありません。

 

個人再生の場合、裁判所を入れて再生計画を立てる格好になります。

 

このため、裁判所が返済計画を認めるためには一定の条件を満たさないといけません。

 

法律上に基づく手続きになるので、任意整理と比較すると厳格な印象はあります。

 

しかし借金の圧縮の度合いという部分では、任意整理よりも大きくなります。

 

原則として、申し立てをした人の抱えている借金総額の1/5もしくは100万円の多い方を3〜5年で返済していく形になります。

 

もしこの条件をクリアして完済できれば、そのほかの借金はすべて免除されます。

 

ただしケースバイケースで、どの債務整理を選択するのがベストかは変わってきます。

 

弁護士などに相談して、債務整理の方針を決めてください。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所