MENU

二回目の個人再生は可能か?

借金が膨らんでしまって返済がままならなくなったので、個人再生による債務整理をしたとします。

 

しかしその後、再び資金のやりくりに失敗してしまって個人再生による債務整理を希望したとして実際に手続きを進めることは可能でしょうか?

 

理論上は二回目含め何度でも個人再生の手続きはできます。

 

しかし申立はできるものの、二回目以降回数が増えれば増えるほど再生計画が認められる可能性は低くなります。

 

ですから一度個人再生の手続きをしたら、お金の管理は今まで以上に厳しく行うべきです。

 

また二回目の個人再生手続きは、一定の期間が経過しないとできません。

 

一般的には、最初の手続きをしてから7年以上経過していないとできません。

 

この期間については、注意すべきです。

 

個人再生には、サラリーマンなどが利用できる給与所得者等再生と自営業やフリーランスの人が主に行う小規模個人再生の2種類があります。

 

後者の小規模個人再生の場合、二回目以降はスムーズに手続きの進まない可能性があります。

 

小規模個人再生の場合、再生計画案を債権者側に提示して過半数の賛成を受けないといけません。

 

しかし何度も過去に債務整理している人の場合、債権者側もなかなか首を縦に振ってくれない恐れがあります。

 

給与所得者等再生の場合、債権者の同意なしでも再生計画を裁判所に認めさせることは可能です。

 

このため比較的スムーズに二回目でも、給与所得者等再生の手続きを進められる可能性が高いです。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所