個人再生給料差し押さえ

MENU

個人再生で給料差し押さえ停止も可能

借金をしていて、返済できなくなればまずは連絡することが大事です。

 

しかし中には連絡できずに、返済の督促が来ても逃げ回ってしまう人もいます。

 

最近の貸金業者は、かなり強硬な手段を講じるケースもあります。

 

督促状などを送付しても無視し続けると、給料差し押さえの手続きに入るケースも見られます。

 

このような状況になって、返済するお金もないのであれば個人再生その他の債務整理も真剣に検討すべきです。

 

個人再生をすると、給料差し押さえは停止できます。

 

しかし個人再生の手続きをすれば、自動的に給料差し押さえ停止になるわけではありません。

 

裁判所に停止の申請をする必要があります。

 

停止の申立書と再生手続きの開始決定正本を準備して、裁判所に提出します。

 

この裁判所は再生手続きをしている所ではなく、差し押さえの命令を出した裁判所に提出します。

 

給料差し押さえに関してですが、あくまでも停止処分となります。

 

再生計画の認可決定が確定するまでに、すでに差し押さえを受けてしまっている場合、その分の返還請求はできないので注意してください。

 

しかし給料差し押さえの状況になる前に、手を打っておくべきです。

 

上で紹介したように、個人再生とは別の手続きをしないといけなくなります。

 

その分手間がかかりますし、弁護士費用も高くなる恐れもあります。

 

自分の収入で返済できない状況に陥っているのであれば、速やかに弁護士のような専門家に相談をすべきです。

 

早めに債務整理をすれば、打つ手もいろいろあります。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所