MENU

個人再生と自己破産の違いは何か?

債務整理の方法として、個人再生と自己破産があります。

 

両者にはいくつかの違いがあります。

 

まずは処理をした後の借金の取り扱いが異なります。

 

自己破産の場合、借金は原則としてチャラになります。

 

しかし個人再生の場合、債務総額の1/5もしくは100万円のいずれか多い方を今後は返済していかないといけません。

 

ですから個人再生の場合、借金圧縮はできてもゼロになるわけではありません。

 

財産の処分でも、両者には違いがあります。

 

自己破産の場合、自分の身の回りの物、生活に必要なもの以外の財産はすべて処分しないといけません。

 

マイカーやマイホームなどもすべて債権者側に引き渡さないといけなくなります。

 

しかし個人再生の場合、マイホームを温存しながら返済計画を立て直せます。

 

マイホームをできることなら失いたくない人には、おすすめの債務整理です。

 

ただし住宅ローンによる購入でまだ完済していない場合、住宅ローンの債務圧縮はできないので注意が必要です。

 

さらに自己破産の場合、資格制限を受ける可能性があります。

 

手続き期間中だけではあるものの、弁護士や会社の役員をしている場合、職を失う可能性も考えられます。

 

しかし個人再生の手続きを取ったからといって、資格の制限や停止などの処分を受けることはありません。

 

一般的に住宅ローンを除いた債務が5000万円以下で、継続的な収入があり、手続き後の返済計画で3年以内に完済できる人であれば個人再生の手続きを取ります。

 

この条件を満たせない人は、自己破産の手続きが検討されます。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所