MENU

個人再生と住宅ローンの延滞金

借金が大きくて、なかなか返済ができなくなっている人はいませんか?

 

通常マイホームを持っていて、住宅ローンを抱えていて返済が滞納すると抵当権者である金融機関などが競売の申し立てを行います。

 

そうすると所有権がほかに移り、住宅からの立ち退きを要求されます。

 

このような状況を防ぐために、債務整理の一つである個人再生を活用してください。

 

個人再生の中には、住宅資金貸付債権の特則を利用すれば、住宅ローンを滞納したとしても、住宅を手放すことなく借金の整理ができます。

 

ただし個人再生を使った債務整理を活用するためには、一定の条件があります。

 

まず住宅ローンは債務整理の対象から外れるので、今までどおりの返済を続ける必要があります。

 

このため、現在の住宅ローンの支払いが続けられることが挙げられます。

 

もし返済滞納がすでにある場合には、さらに2つの条件が加味されます。

 

まず保証会社の保証債務履行から6か月を経過していない場合であれば、個人再生ができます。

 

また滞納をしていると、返済の他にも延滞金を負担する必要が生じます。

 

この延滞金を負担できるのも、個人再生による債務整理をするための条件です。

 

しかし住宅ローンの返済をしてマイホームを手放さずに個人再生できるかどうか、素人が判断するのは難しいです。

 

じぶんの状況で持ち家を手放さずに債務整理できるのか、一度弁護士に相談してみてください。

 

無料相談受付をしている所もあるので、気軽に相談できるはずです。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所