MENU

ばれないように個人再生はできるか?

中には家族に内緒で借金をして、返済できなくなって困っている人もいるはずです。

 

その場合には、債務整理をして借金を圧縮するなどの対処策を講じる必要があります。

 

ところでここで問題になるのが、手続きをする時に家族にばれるのではないかという点です。

 

まず未婚者で両親と同居をしている場合、債務整理の中でも個人再生の手続きをしたとしてもほぼばれないといっていいです。

 

あらかじめ実家には電話をかけないようになどと弁護士に伝えておけば、まずばれないです。

 

債権者側との交渉も、弁護士が窓口になってくれるので皆さんの所に直接貸金業者が電話をかけてきません。

 

結婚していても配偶者が専業主婦の場合も、ほぼ大丈夫です。

 

既婚者で共働きをしているのであれば、少し事情が変わってきます。

 

個人再生の申立をするにあたって、配偶者の給与明細など収入を証明する書類を提出しないといけないケースがあります。

 

配偶者に証明書を集めてもらう必要があるので、借金のあることや個人再生の手続きをしていることもばれます。

 

個人再生の手続きをすると、その旨官報に掲載されます。

 

しかし官報の場合、まず一般の市民が逐一チェックをしていることは少ないはずです。

 

このため官報に掲載されたことでばれる心配はしなくてもいいです。

 

ただしこれからの時代、インターネットを使って情報収集するのがどんどん主流になります。

 

ネット検索をしているときに、知り合いが官報を目にしてしまう可能性は高くなるかもしれないので気を付けてください。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所