MENU

個人再生をすることによる借金の圧縮率はどのくらい?

個人再生の特徴として、現在皆さんの抱えている借金を圧縮できる点です。

 

債務が少なくなるので、返済負担もかなり軽減されます。

 

月々の返済が自分の収入能力を超えているのであれば、個人再生による債務整理も検討すべきです。

 

ところで個人再生をした場合、借金の圧縮率はどの程度になるのでしょうか?

 

個人再生による債務の圧縮率は、ケースバイケースです。特に申立てした人がどの程度の債務を抱えているかによって変わります。

 

住宅ローンを除いた債務総額が、圧縮率のベースになります。

 

100万円以上の借金を抱えている人が対象です。

 

500万円以下であれば、100万円の弁済額になります。

 

1500万円未満であれば、借金総額の1/5にまで圧縮は可能です。

 

3000万円未満になると、300万円が返済すべき額になります。5000万円以下になると、借金総額の1/10を返済すればよくなります。

 

つまり個人再生手続きを行うことで、3000万円以上の債務を抱えている人の借金圧縮率は、最大90%になるわけです。

 

これだけ圧縮できれば、返済もかなり楽になるはずです。

 

しかも住宅ローンは切り離せますので、マイホームで引き続き生活しながら返済できます。

 

もし住宅ローンを除いた借金が膨らんでしまって、返済の足かせになっているのであれば、個人再生も検討すべきです。

 

より詳しい内容などを聞くために、まずは弁護士などの専門家に相談してみることです。

 

無料相談に対応している法律事務所もたくさんあります。

 

 

街角法律相談所

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所