個人再生基礎知識

MENU
匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所
 

個人再生の基礎知識記事一覧

債務整理にはいくつかの方法があります。その中でも2001年に運用がスタートした比較的新しい方法に、個人再生があります。個人再生とは任意整理による処理が難しいけれども、自己破産も回避したい人のための債務整理の方法です。個人再生の最大の特徴は、マイホームを所有している人はマイホームの処分をすることなく借金整理できるところです。個人再生にはさらにその中で2種類の方法があります。給与所得者再生とは、サラリ...

債務整理の方法として、個人再生と自己破産があります。両者にはいくつかの違いがあります。まずは処理をした後の借金の取り扱いが異なります。自己破産の場合、借金は原則としてチャラになります。しかし個人再生の場合、債務総額の1/5もしくは100万円のいずれか多い方を今後は返済していかないといけません。ですから個人再生の場合、借金圧縮はできてもゼロになるわけではありません。財産の処分でも、両者には違いがあり...

マイホームを温存して、借金圧縮ができるので個人再生はメリットだらけと思ってしまう人はいませんか?しかし一方で、手続きをすることによるデメリットもいくつかあるので頭の中に入れておかないといけません。まず個人再生の手続きをしても、返済義務が残ります。3年間で返済可能な計画を立てるものの、100万円以上の債務は残ります。また住宅ローンの返済が終わっていない人は、住宅ローンの借金圧縮はできないのもデメリッ...

できることならあまり周囲の人にばれずに、債務整理の手続きをしたいという人もいるはずです。しかし個人再生の場合、周囲に知られるリスクはどうしても残ってしまいます。実は個人再生の手続きをすると、官報にその事実が記載されます。普段官報をチェックしている市民は少ないかもしれませんが、官報を見れば周囲の人に個人再生の手続きを皆さんがやったことは知られてしまいます。また世間で官報を見た人に自分が個人再生をした...

債務整理の中の一つで、比較的新しく出てきた手法に個人再生があります。個人再生の特徴は、大きく分けて5つのポイントがあります。この5つのポイントを頭に入れて、手続きすべきかどうかを考えることです。個人再生の1つ目のポイントは、マイホームを手放すことなく借金整理のできる点です。これが最も大きな特徴といえます。住宅ローンの圧縮はできないものの、そのほかのクレジットカードや消費者金融の債務は減らせます。そ...

マイホームを残しながらその他の債務を圧縮できるということで、個人再生による債務整理が注目されています。しかし個人再生は、だれもが利用できる債務整理の方法ではありません。個人再生をするにあたって、いくつか条件があり全てをクリアしている人でないと利用できません。まず大元の条件として、3つあります。まずは住宅ローンを除いた債務総額が、5000万円未満であることです。そして申し立てをする人に今後3〜5年間...

個人再生は借金の額を大幅に圧縮して、新たな返済計画を立てる方式をさします。借金は大幅に圧縮できるものの、返済を引き続き当面は行う必要があります。そこで個人再生は、現時点で安定した所得を得ている人が対象になります。無職で当面就職の可能性の低い人は、個人再生できない人となります。その他にも一応仕事をしているけれども、フリーターやパートタイマーなど収入の少ない人、あまり安定していない人であれば個人再生で...

中には家族に内緒で借金をして、返済できなくなって困っている人もいるはずです。その場合には、債務整理をして借金を圧縮するなどの対処策を講じる必要があります。ところでここで問題になるのが、手続きをする時に家族にばれるのではないかという点です。まず未婚者で両親と同居をしている場合、債務整理の中でも個人再生の手続きをしたとしてもほぼばれないといっていいです。あらかじめ実家には電話をかけないようになどと弁護...

個人再生の特徴は、住宅ローンを切り離して債務整理をするところにあります。このようにすることで、マイホームを温存しながらその他の借金を少なくして、返済しやすい状況を作るわけです。そうなると、現在抱えている借金が住宅ローンだけとなると個人再生しても意味がないのではないか、という話になります。しかし住宅ローンしか借金がない状況でも、個人再生の手続きをすることは可能です。住宅ローンのみが債務の場合でも、個...

個人再生の手続きは、自分だけでもできることにはなっています。しかし手続きが大変複雑なので、素人が独力で行うのはかなり困難です。そこで通常は専門家にお願いして、手続きの代行をしてもらいます。手続き代行をしてくれる専門家として、弁護士もしくは司法書士がいます。弁護士と司法書士、どちらに依頼をした方が良いのでしょうか?弁護士と司法書士の違いは、「書類作成代理人」となるか「代理人」となるかの違いです。司法...

個人再生の特徴として、現在皆さんの抱えている借金を圧縮できる点です。債務が少なくなるので、返済負担もかなり軽減されます。月々の返済が自分の収入能力を超えているのであれば、個人再生による債務整理も検討すべきです。ところで個人再生をした場合、借金の圧縮率はどの程度になるのでしょうか?個人再生による債務の圧縮率は、ケースバイケースです。特に申立てした人がどの程度の債務を抱えているかによって変わります。住...

借金に悩んでいる人の中で多いのが、多重債務者です。借金の返済ができなくなって、返済のためのお金をまた借りるという行為を繰り返すことです。しかしいずれ借りられるところがなくなって、最終的に闇金に手を出す人もいます。闇金に手を出してしまうと高利なので、雪だるま式に借金が大きくなります。しかも昼夜構わず取り立てが来ますので、平穏な生活が破壊されます。精神的に参ってしまう人も少なくありません。もし闇金に手...

借金が大きくて、なかなか返済ができなくなっている人はいませんか?通常マイホームを持っていて、住宅ローンを抱えていて返済が滞納すると抵当権者である金融機関などが競売の申し立てを行います。そうすると所有権がほかに移り、住宅からの立ち退きを要求されます。このような状況を防ぐために、債務整理の一つである個人再生を活用してください。個人再生の中には、住宅資金貸付債権の特則を利用すれば、住宅ローンを滞納したと...

借金をしていて、返済できなくなればまずは連絡することが大事です。しかし中には連絡できずに、返済の督促が来ても逃げ回ってしまう人もいます。最近の貸金業者は、かなり強硬な手段を講じるケースもあります。督促状などを送付しても無視し続けると、給料差し押さえの手続きに入るケースも見られます。このような状況になって、返済するお金もないのであれば個人再生その他の債務整理も真剣に検討すべきです。個人再生をすると、...

住宅資金特別条項のついているのが、個人再生の最大の特徴といえます。住宅ローンを外してその他の債務整理をすることで、マイホームを引き続き所有できる手法です。住宅資金特別条項を活用するためには、いくつかの要件をクリアする必要があります。住宅ローンやその債務の保証人の債務者に対する求償権を担保するために、抵当権が設定されているかどうかも条件の1つです。住宅に設定されているのが根抵当権であったとしても、上...

個人再生のメリットは、マイホームを持っている人が持ち家を手放すことなく債務整理できるところです。個人再生の中には、住宅資金特別条項が含まれているからです。住宅資金特別条項を活用すれば、住宅ローンを債務整理の対象から切り離して債務の圧縮が可能です。ところでこの住宅資金特別条項を活用するためには、一定の条件をクリアする必要があります。その中でも重要なのは、代位弁済の有無、そして代位弁済をしている場合に...

借金が膨らんでしまって返済がままならなくなったので、個人再生による債務整理をしたとします。しかしその後、再び資金のやりくりに失敗してしまって個人再生による債務整理を希望したとして実際に手続きを進めることは可能でしょうか?理論上は二回目含め何度でも個人再生の手続きはできます。しかし申立はできるものの、二回目以降回数が増えれば増えるほど再生計画が認められる可能性は低くなります。ですから一度個人再生の手...

債務整理には、個人再生と任意整理、自己破産という主に3種類の方法があります。自己破産は借金の返済ができなくなった場合、身の回りのもの以外の財産をすべて処分します。それでも借金が残るのであれば、その部分の返済義務は無条件で免除される方法です。自己破産と違って、個人再生や任意整理の場合、借金の額が少なくなるものの引き続き返済を続けていきます。では個人再生と任意整理の違いはどこにあるのでしょうか?それは...

個人再生によって借金を圧縮するためには、再生計画を立てて裁判所が許可する必要があります。しかし中には、不認可の場合もいくつか出てきます。その主要なパターンについて、いくつか紹介していきます。まずは、再生計画が遂行される見込みの期待できないケースです。債務者に安定した収入がなければ、返済計画を立ててもその通りに返済される可能性が低いです。その他には、不正行為による再生計画が立てられた場合です。虚偽の...

個人再生では、再生計画案を作成して裁判所に認可を受ける必要があります。しかし中には裁判所によって、再生計画案が認められない場合もあります。まず再生手続きに不備が見られる場合です。厳格な手続きによって個人再生は行われるので、書類の不備があると裁判所は認めてくれません。不備を指摘されて、その部分の修正ができれば問題ありません。しかしその分、個人再生手続きのペースは大幅にロスする恐れもあります。また再生...

借金が膨らんで返せない状況になってしまった、そんな時には債務整理で何とか乗り切る方法を検討していく必要が出てきます。全部返済するのはとても無理だけど自己破産はなんとしても避けたい、そんな場合には任意整理、特定調停、個人再生(民事再生)のいずれかの方法を目指すことになりますが、その中でももっとも大幅な借金の減額が期待できるのが個人再生です。さらにこの個人再生は自己破産とは異なり、成立によってマイホー...