MENU

個人再生にかかる費用はどのくらい?

個人再生の手続きは、裁判所に対して行います。

 

そこで手続きをするにあたって、裁判所に支払う費用が発生します。

 

申し立てを行うことで、手続きが始まります。

 

この時申立手数料として1万円の収入印紙を購入します。

 

その他に裁判所によっては、予納金が1万2000円程度かかるケースも見られます。

 

その他にも個人再生委員が選任されます。

 

彼らに対する報酬も、申し立てをした人が負担します。

 

一般的に、20万円程度かかると思ってください。

 

個人再生の手続きは自分でも行えます。

 

しかしシステムが複雑なので、なかなか難しいです。

 

そこでほとんどの人が、弁護士や司法書士に仕事の依頼をします。

 

そこで弁護士などに対しても報酬を支払わないといけません。

 

報酬は事務所によって異なります。

 

しかし相場とされているのが、30〜60万円といったところです。

 

つまり個人再生の手続きを終えるためには、50〜80万円程度はどうしてもかかってしまうわけです。

 

とてもではないけれども、これだけのまとまった費用は捻出できないという人も出てくるはずです。

 

その場合には、弁護士に正直に相談してみることです。

 

債務整理を数多く手掛けている弁護士であれば、債務者の事情も理解しているケースが多いです。

 

このため、分割払いにしてくれるなどできるだけ経済的負担が大きくならないような対処をしてくれます。

 

下手に安い所と思って、上で紹介した相場よりもかなり安い所にお願いすると、かえって状況が悪くなってしまうケースも考えられます。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所