個人再生費用支払い

MENU
匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所
 

個人再生の費用・支払い記事一覧

個人再生の手続きは、裁判所に対して行います。そこで手続きをするにあたって、裁判所に支払う費用が発生します。申し立てを行うことで、手続きが始まります。この時申立手数料として1万円の収入印紙を購入します。その他に裁判所によっては、予納金が1万2000円程度かかるケースも見られます。その他にも個人再生委員が選任されます。彼らに対する報酬も、申し立てをした人が負担します。一般的に、20万円程度かかると思っ...

個人再生の手続きをするのに、たいていのケースで弁護士に代理人となってもらいます。そうなると当然のことながら、弁護士費用も負担しないといけなくなります。弁護士費用は、事務所ごとで独自に料金設定しているので、一概にいくらとは決められません。しかし一般的な債務整理を手掛けている法律事務所であれば、30〜50万円程度になると思ってください。ちなみにこの他にも個人再生の手続きをするためには、個人再生委員とい...

手続きをスムーズに行うためには、弁護士に依頼して手続きの代行をお願いするのが個人再生の場合一般的です。弁護士はボランティアではないので、仕事の依頼をすれば当然のことながら弁護士費用を支払わないといけません。個人再生の手続きをするくらいですから、お金に困っている人もかなり多いです。このため個人再生を含めた債務整理をしたいけれども、弁護士費用が準備できないと躊躇する人も出てきます。債務整理を専門的に行...

個人再生は裁判所に申し立てをして、債権者側と債務者側の間に入って手続きを進める形を取ります。このため、裁判所に対しても各種費用を支払わないといけません。裁判所に申し立て手続きをするにあたって、申立費用が必要です。申し立て手続きをする時に、収入印紙を購入する必要があります。収入印紙として、まず1万円を負担しないといけません。その他には郵便切手の費用も申し立てをした人が負担しないといけません。500円...