MENU

債務整理すれば税金支払いも回避できる?

債務整理を検討している場合は、いろいろなお金の支払いに困っている人も多いことでしょう。

 

借金の返済だけでなく、税金を滞納しているケースもしばしばみられます。

 

債務整理をすると借金の圧縮などだけでなく、税金なども支払わずに済むかもしれない、このように考えている人もいるかもしれません。

 

しかし最初に断わっておきますが、どの債務整理の方法をとっても税金の支払い義務は免除になりません。

 

税金は法律上、非減免債権・非免責債権という分類がなされています。

 

このため、債務整理をしても税金の減額や免除はできないことになっています。

 

ちなみに非免責・非減免債権に区分されているのは、税金の他にも年金保険料や国保などもあります。

 

この部分を理解していない人も多いようなので、混同のないようにしましょう。

 

では税金が支払えない場合、そのまま放置するしかないかというと決してそうではありません。

 

税金滞納している人に対し、公的機関は時に厳しい対応をしてくることがあります。

 

中には預金を差し押さえてくるような強硬な手段に出てくる事例もありました。

 

しかしいきなり差し押さえという極端な手段に訴えてくることはありません。

 

督促状や催告書などが自宅に届くようになり、最終的に差押予告書が届きます。

 

この書類が来ても放置していると、いよいよ強制執行による差し押さえになります。

 

このような状況になる前に、役所などに相談することです。

 

できれば債務整理の手続きと同時並行で、税金の問題も話し合いにより解決することが理想的です。

 

債務整理をしても、税金に関しては減額にはなりません。

 

しかしお金を支払えない人のために、いろいろと別の救済措置の方法があります。

 

たとえば、一定期間支払いを猶予してくれるとか、一括での支払いが厳しいのであれば分割払いに対応してくれるなどです。

 

まずは事情を相手にきちんと説明して、その上でどうしたらいいかを相談することです。

 

早めにこのような相談をした方が相手の心証もよくなり、親身になって相談に乗ってくれるはずです。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所