MENU

注意!残債がある状態の過払い金請求は債務整理扱いに?

テレビのコマーシャルで、過払い金請求の話をしばしば耳にするでしょう。

 

少し前まで大手の消費者金融でも、グレーゾーン金利といって利息制限法を超える利率で利息を受け取っていました。

 

それがルール違反で、余計に支払った利息は過払い金として返還請求できるというものです。

 

長い期間借金返済しているけれども、なかなか完済できない人の中には、もしかすると過払い金が発生している可能性もあります。

 

過払い金の返還請求ですが、残債のある状態でも手続きはできます。

 

しかし注意しないといけないのは、残債のある時点で過払い金請求すると債務整理扱いになってしまう恐れのある点です。

 

債務整理になるかどうかですが、過払い金で残債をすべて返せるかどうかにかかっています。

 

もし過払い金返還請求をして、その過払い金で残りの借金をすべて返済できれば、一切問題はありません。

 

しかし過払い金を全部使ってもそれでも返しきれない借金が残るのであれば、これは債務整理を行ったと解釈されてしまうのです。

 

債務整理の情報は、いわゆるブラック情報になります。

 

となると当面はクレジットカードやローンの利用ができなくなってしまいます。

 

よって残債のある人が過払い金請求する場合、どの程度のお金を取り戻せるのか、それで借金はきれいさっぱりなくなるかが重要なポイントです。

 

過払い金がいくらあるかについては、弁護士や司法書士のような専門家に相談するのがおすすめです。

 

依頼すると、利息制限法に基づき引き直し計算を行います。

 

そしてどの程度の過払い金が発生しているのか、それで完済できるのかをチェックしてくれます。

 

領収書などを紛失しても問題はありません。

 

弁護士や司法書士は債権者側に取引履歴の開示請求ができ、相手は今までの履歴をすべて公開する義務があるからです。

 

もし過払い金をもってしても借金完済できない場合でも、なお債務整理をした方が良いケースもあります。

 

専門家のアドバイスを受けながら、どの道をたどるのがベストなのかを考えましょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所