MENU

債務整理することによる妻への影響

借金を抱えていて債務整理しようかどうかで迷っている人もいることでしょう。

 

しかし一歩踏み出せない人も少なくありません。

 

その理由の中でも多いのが、「債務整理することで妻をはじめとして家族に迷惑がかかってしまうのではないか?」というものです。

 

結論から言いますと、基本的にほとんどの債務整理の事例で妻に迷惑のかかることはありません。

 

例えば債務整理の方法の中の一つに、任意整理があります。

 

これは債務者側と債権者側が交渉をして、無理なく債務者が返済できるような計画に立て直す方法をさします。

 

この場合弁護士にお願いすれば、代理人となって債権者側と交渉します。

 

債務者本人が交渉の場に出る必要はありません。

 

ちなみに弁護士が仕事を引き受けたら、受任通知を債権者側に通達します。

 

そうなると法律上、債権者は一切債務者に接触できなくなります。

 

このため妻に迷惑のかかるどころか、一切知られることなく借金問題を解決できるかもしれません。

 

妻に迷惑のかかる可能性として考えられるのは、自己破産による債務整理です。

 

自己破産は世間でも広く知られているワードかもしれませんが、借金の返済を免責にして人生リスタートできる方法です。

 

自己破産では自分の持っている財産、身の回りの生活に必要なものを除き、すべて処分しないといけない決まりになっています。

 

マイホームやマイカーはすべて債権者側に明け渡さないといけないですから、妻をはじめとして家族の生活に大きな影響が出てくるかもしれません。

 

ただし自動車などを債務者名義ではなく、家族名義にしている場合には処分の対象から外れます。

 

借金をする時に、妻を連帯保証人にしている人はいませんか?

 

この場合自分は債務整理をしても、妻の返済義務がなくなるわけではありません。

 

このため、債権者が借金返済を求めて妻のところに殺到する可能性は十分考えられます。

 

そこで夫婦でよく話し合って、場合によっては夫婦一緒に債務整理の手続きをした方が良い場合もあります。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所