MENU

債務整理するとどうなりますか?

債務整理は、個人の借金を法的に一度整理できる手段として、借金に苦しむ個人が利用するケースが増えています。

 

しかし、債務整理するとどうなるのかということはあまり知られていません。

 

任意整理を選択した場合を例にとって、書いていきます。

 

最初は返せると思って気軽な気持ちで借金していても、事情が変わって払えなくなってしまうことがあります。

 

そうなると、督促の電話がかかってきたりして、気まずい思いをすることになります。

 

そこで、返済出来るだけの原資がある人であれば、任意整理という手段を使って借金を整理します。

 

まずは司法書士や弁護士に任意整理を依頼します。

 

依頼を受けると、債権者に受任通知書というものを作り、債権者に郵送します。

 

郵送すると債務整理が開始して、債権者は本人に対して返済の請求や取り立てができなくなります。

 

請求や取り立ての行為をやめない場合は、債権者に対して金融監督庁や財務省から指導や厳しい処分が下ります。

 

司法書士・弁護士が債権者と任意に話し合いを持ち、返済案を提示し債権者がそれを了承すれば任意整理が完了しますが、この方法で債務整理をすると、事故情報として信用情報に記載され、5年〜7年は融資を受けることやクレジットカードを作ることができなくなります。

 

借金を法的に整理することになるので、方法によってはここに書いたことの他に資格制限がつく場合もありますが、借金が少なくなることで気持ちが軽くなりますし、借金で苦しんだときは検討してもいい方法です。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所