MENU

クレジットカードのリボ払いも債務整理できる

クレジットカードのコマーシャルを見てみると、リボ払いという言葉がたびたび登場してきますね。

 

リボ払いとは、ショッピング代金に関わらず、毎月一定の金額を支払えばいいというものです。

 

1万円とか、カード会社によってはそれよりも少ない額を毎月支払えばいいというサービスもあります。

 

少ない額の返済なので、気軽についショッピングでどんどんリボ払いによる支払いをしてしまう人もいます。

 

しかし月々の返済額が少ないといっても、借金そのものが減るわけではありません。

 

むしろリボ払いのように少額しか返済をしていないと、利息が高くついてしまいます。

 

このため、気が付いたときには借金が膨れ上がってしまって、自分ではどうしようもない事態になっていたというケースもたくさん出てきています。

 

クレジットカードのリボ払いも、債務整理による借金圧縮は可能なので弁護士に相談してみることをお勧めします。

 

返済能力を超えるカード会社の債務に膨らんでいる場合、まずは任意整理による債務整理の交渉を行います。

 

場合によっては、かなり借金の額を圧縮できる可能性があります。

 

しかも任意整理をして、新しい返済計画の元では、利息分の支払いは免除できるケースも多いです。

 

大手のクレジットカード会社であれば、利息の免除に柔軟に対応してくれる所も多いです。

 

利息の支払いがなくなるだけでも、かなり返済の負担が軽減されます。

 

当初の返済期間よりもだいぶ短い期間で完済できたというケースも実際にあります。

リボ払いも債務整理で整理しよう!

クレジットカードは買い物時に大変便利です。

 

手持ちに現金がなくてもクレジットカードを提示するだけで希望の商品を購入することができます。

 

通常クレジットカードの支払いは何も言わなければ翌月一括になりますが、指定することで支払い回数を増やせます。

 

大きな金額の買い物をしてしまった時などは、リボ払いを選択する人もいるでしょう。

 

支払残高に応じて、月々あらかじめ決められた額をクレジット会社に支払う方法です。

 

このリボ払いにすれば支払いが楽だと思いますが、使い方を間違えると借金が膨れていってしまいます。

 

いくつもの商品をリボ払いにしていけば商品ごとに支払回数・期間を設定する分割払いと異なり、支払残高があるかぎり支払いが続くため、無計画に利用すると支払残高が増え、支払いが困難になるのです。

 

リボ払いは金利や手数料などが大きくなるので支払い側の負担は大きくなります。

 

どんどんリボ払いを選択していると、支払い額が増大し、借金返済が苦になっていくのです。

 

借金返済が困難になれば残された道は債務整理です。

 

債務整理をして借金の利息を利息制限法に基づいて引き直してもらっても、ショッピングにおけるリボ払いの金利はそれほど高くはないので、たいして借金額は変わらない可能性もあります。

 

ただし、メリットがないわけではありません。

 

債務整理をすることで借金の額はそれほど変わらなくても将来的にかかる利息はカットできるので十分メリットはあるのです。

 

リボ払いは大変便利なのでつい使いたくなる場合もありますが、計画的に利用しないとリボ払いの泥沼に陥ってしまいます。

 

リボ払いの最大の恐怖は金利です。

 

返済期間が長くなればそれだけ金利が増えますので負担が大きくなります。

 

借金生活から抜け出せなくなってしまうのです。

 

そうなった場合には取り返しのつかなくなる前に債務整理を検討しましょう。

 

また、借金地獄にならないためにもクレジットカードでの買い物をするときには翌月一括払いで買うようにすべきです。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所