MENU

債務整理と任意整理の違いは何がありますか?

債務整理というのは、個人が一旦法的に借金を整理するために行う整理手続き全般のことを指します。

 

任意整理というのは、債務整理の中の1つの方法です。

 

このように全体を指すか一部を指すかの違いがあります。

 

任意整理というのは、司法書士・弁護士が債権者と返済の方法について交渉を行い、返済が可能になるように合意を成立させる手続きのことをいいます。

 

任意整理の特徴は、あくまでも債権者と司法書士・弁護士の話し合いによって行われ、裁判所が関与することはありませんので、裁判所に出向く必要がありません。

 

そのため、債務整理で一番多いのが、任意整理になります。

 

任意整理を依頼すると、まず司法書士・弁護士が現在の状況やいくらずつ返済できそうなのかといったヒアリングを行い、任意整理の説明を行います。

 

依頼者が納得したら、受任通知を郵送し、債務がいくらあるのかの調査を行います。

 

取引履歴が届いたら借入額の再計算を行い、将来利息をカットした金額を分割払いするための和解交渉に入ります。

 

和解契約が締結されると、手続きが完了して和解書に書かれた日付から返済が始まります。

 

任意整理はあくまでも私的整理ですので、法的整理の自己破産や個人再生とは異なり、一部の債権者のみ任意整理を行うことができます。

 

例えば自動車ローンや住宅ローンはそのまま支払って、残りは任意整理ということも可能です。

 

また、正社員だけでなくアルバイトでもある程度安定した収入があれば、任意整理も可能ですので、法的整理と比べて利用しやすい手続きです。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所