MENU

無職が行うべき債務整理の方法

債務整理は職業や年齢関係なく行える手続きです。

 

もちろん無職の方でも、借金返済できないのであれば債務整理を検討すべきです。

 

無職の方の場合、自己破産以外債務整理の方法はないと思われがちです。

 

その他の手法だと、借金の圧縮をして返済計画を立て直すスタイルです。

 

いずれのケースでも引き続き返済をしていかないといけません。

 

無職で収入のない人には、非現実的と思われてしまうわけです。

 

しかし自己破産以外の方法で無職の人が借金問題を解決できる可能性があります。

 

たとえば、返済期間がかなり長くなっているケースです。

 

5年とか7年以上経過していても、完済できない場合、過払い金となっている可能性があります。

 

もし実際に違法な利息を支払っているのであれば、借金が大幅に減額される可能性も出てきます。

 

中には借金がなくなった、過払い金が発生して返還してもらえたという事例もあります。

 

また現時点では無職でも、将来的には就職して仕事をする意欲があれば、その収入をもとにした返済計画を立てることも可能です。

 

しかしもし数か月就職活動を行ってみたけれども、仕事が見つからないというのであれば、自己破産で問題解決するしか方法がなくなります。

 

自己破産は、身の回りのもの以外の財産をすべて処分します。

 

それでも残った借金に関しては、チャラにするという債務整理の方法です。

 

しかし自己破産で注意したいのは、浪費やギャンブルが原因の借金はチャラにはできないという点です。

 

この部分には注意しないといけません。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所