MENU

債務整理の問題点は何ですか?

債務整理には、任意整理や特定調停、個人再生、自己破産などの方法があります。

 

当然ながら、それぞれの場合において問題点があります。

 

まず、共通して出てくる問題点としては、信用情報に債務整理をしたという事実が事故情報として信用情報機関のデータベースに載ってしまうことがあります。

 

任意整理や特定調停で5年〜7年程度、個人再生で7年程度、自己破産であれば10年程度です。

 

その間は各種ローン等による借り入れクレジットカードの発行ができなくなります。

 

次に債務整理手段ごとの問題点としては、このようなことがあります。

 

任意整理というのは、司法書士・弁護士と債権者が任意に話し合いをすることで債務整理を行い、支払いを継続してもらう方法です。

 

債権者も話し合いに応じてくれればいいのですが、まれに話し合いに応じてくれない債権者もいますので、その場合は解決できないままということもありえます。

 

特定調停の場合は、調停が成立すると、判決と同じ効力があるので、支払いが滞ると、差し押さえにかかってしまいます。

 

また、過払い金があっても、裁判所では回収してもらえないので、その場合は弁護士に依頼する必要があります。

 

個人再生の場合は、官報に記載されることや債務整理の中で一番複雑なため、時間がかかってしまい任意整理や特定調停のように一部を除外することができない場合があります。

 

自己破産は、持ち家は資産とみなされて処分されてしまうことや、一定の資格制限があること、官報や破産者名簿に記載されることがあります。

 

それぞれの問題点を把握して、ベターな方法を選ぶ必要があります。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所