MENU

債務整理と過払い金返還請求の違いは?

過払い金返還請求は債務整理を行うための手段の1つで、基本的に借金の返済が終わって、契約が完了した後に行う手続きのことをいいます。

 

返済が終わった後に行った場合は、払い過ぎた利息が戻ってきますが、返済中の借金についてこれを行った場合は、借金と相殺されますので、債務整理の一環として扱われます。

 

過払い金とはどの部分を指すのかといいますと、グレーゾーン金利のことを指しています。

 

現行の改正貸金業法では、金利の上限が20%までと定められています。

 

以前からも利息制限法で利息の上限を15%〜20%と定められていましたが、多くの貸金業では出資法上で定められている上限である29.2%の利息を取っていました。

 

今は上限が20%と定められており、20%を超える利息を取ることができなくなったのですが、これによって過去の支払い分についても過払いとして返還請求することができるようになりました。

 

債務整理と過払い金変換との違いですが、任意整理などをしたら信用情報に任意整理した事実が記録されますので、クレジットカードを作ることやローンを組もうとしても審査に通りにくくなります。

 

過払い金返還請求の場合は、払い過ぎた利息を返してもらうだけですので、信用情報にその事実が記録されることはありません。

 

過払い金の有無や過払い金の再計算は、なかなか簡単にできませんので、過払い金を請求できるかどうか分からない場合は、弁護士に依頼するとタイミングを見計らって請求してくれますのでお勧めです。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所