MENU

債務整理と借金の一本化、どちらが良い?

おまとめローンという言葉を聞いたことはありませんか?

 

おまとめローンとは複数に借入先のある人を対象にしたサービスで、おまとめローンでその複数の借入先の借金を完済します。

 

そして今後はおまとめローンを提供してくれた所だけに借金の返済をする方式で、債務の一本化とも言えます。

 

債務を一本化することのメリットですが、まず返済日を月に1度にできます。

 

複数の借入先がある人は返済期日もバラバラのケースが多いようです。

 

そうなるとある返済日をクリアしても、数日後には次の返済期日が来てしまう事態も想定できます。

 

一本化すれば月に1回の返済日にできるため、1か月まるまる返済資金の調達に活用できます。

 

また借入先が多いとそれぞれに利息を支払わないといけませんが、今後は1ヶ所に利息を支払う形になるため、利息の負担を軽減できる可能性が極めて高くなるのもメリットの一つになります。

 

このように借金を一本化するのにはメリットがいくつかあります。

 

しかし勘違いしてはならないのは、結局借金はそのままの形で残る点です。

 

複数に対して返済を行っていたものを一つにまとめると、多くの場合返済額が少なくなります。

 

このため、借金そのものが少なくなったと勘違いしてしまう人も多いようです。

 

ただし借金そのものは全く減っていません。

 

複数借入先のある人の中には、現在の債務そのものが自分の能力を超えているケースもあるでしょう。

 

その場合には、債務整理による現状打破も検討する必要が出てきます。

 

債務整理は借金を減額して、返済可能なレベルに調整する方法をさします。また自己破産と言って、借金の支払いを免責できるような方法もあります。

 

まずは借金の減額などで返済可能な条件にまで債務を少なくする、そしてどうやっても返済できるレベルにならなければ、自己破産での問題解決も視野に入れましょう。

 

借金の一本化をする場合、本当に現在の条件で返済していけるのか慎重に判断をするべきです。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所