債務整理破産違い

MENU

債務整理と破産の違いとは

債務整理における破産とは自己破産を指し、裁判所にすべての債務を免除(免責)してもらうための手続きのことをいいます。

 

債務整理とは、破産を含む借金を法的整理する手段全体のことをいいます。

 

このように全体のことなのか、手続きのうちの1つなのか、という違いがあるのです。

 

自己破産というのは、裁判所に申立書を提出し、免責許可をもらうことですべての借金をゼロにするための手続きのことをいいます。

 

任意整理や個人再生と違い、すべての借金が免除されますが、支払い不能と判断されなければ破産することができません。

 

この支払い不能かどうかの判断は、債務者の負債総額や収入、資産等の状況を見て総合的に判断した上で決定されます。

 

免責の決定が出たら、すべての借金が免除されます。

 

相談を受けたらヒアリングを行い、説明を行います。

 

依頼者が納得したら債権者に受託通知・債権調査ご協力のお願いを発送します。

 

これを郵送すると取り立てがストップします。

 

発送が完了したら、申し立てのために必要な書類を準備し、司法書士・弁護士に渡します。

 

申立書を作成したら、管轄の地方裁判所に提出して、免責が決定すると借金を返済する義務が無くなります。

 

ただし、ギャンブルや浪費で作った借金だった場合は免責になりませんし、その他に固定資産税や公共料金の滞納があった場合は、支払い義務が残ります。

 

自己破産は、あくまでもどうしても支払いできない場合の最終手段です。

 

支出にムダがないかどうか見直してみて、それでも支払えない場合に考えればいいことで、安易な気持ちで選択しないようにしましょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所