MENU

債務整理と学資保険の取り扱い

借金の返済が難しくなっているのであれば、債務整理も視野に入れた方が良いでしょう。

 

借金が減るとか、自己破産を選択すれば借金そのものが免責になるメリットもあります。

 

しかしそれだけのことをする以上、いろいろなペナルティが課されるかもしれないと思っている人もいるかもしれません。

 

たとえば将来自分にもしものことがあっても家族が困らないように、生命保険や学資保険に加入している人はいませんか?

 

生命保険も学資保険も債務整理すると、強制解約されてしまうのではないか、このような危惧を抱く人もいるでしょう。

 

結論からいうと、どの債務整理の方法を選択するかによって取り扱いは変わってきます。

 

個人再生による債務整理であれば、学資保険などをそもそも解約する必要はありません。

 

一方自己破産を選択する場合には、身の回りのもの以外の財産はすべて債権者側に渡さないといけません。

 

それでも残った借金に関しては、免責になります。

 

自己破産をした場合、学資保険を解約すると解約返戻金の発生するケースも出てきます。

 

この解約返戻金がある程度まとまった額になると考えられると、それを債権者側に渡すようになるため、解約せざるを得なくなるかもしれません。

 

ただし解約しても債務者のもらえる返戻金が少額であれば、そのまま放置ということも考えられます。

 

債務整理の戦略の一環として、手続きを取る前に学資保険を解約できるのなら解約してしまう方法もあります。

 

そしてそれなりの解約返戻金が発生していれば、それを返済に充ててしまうのです。

 

自己破産の場合、解約返戻金が発生したとしても自分の一存で返済先は決められません。

 

しかし債務整理の手続きをする前なら、それが可能です。

 

最も厳しい借入先に集中して返戻金を返済してしまって、個人再生や任意整理のような自己破産と比較して穏やかな債務整理の方法で借金問題を解決できるかもしれません。

 

しかしどのような方針を取るかは、専門家の弁護士と相談しながら決めた方が良いでしょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所