MENU

債務整理で延滞利息がカットできる?

お金を借りたら返す、これは基本的な借金のルールです。

 

もし期日内に借金返済ができないようであれば、それなりのペナルティが課されます。

 

その中の一つに、延滞利息というものがあります。

 

借金を返済するときには元本の一部と利息を支払います。

 

利息は一定の金利に設定されていて、残債に対してその割合を算出して支払います。

 

延滞利息とは、遅延損害金とも言いますが利息とは別に延滞した分だけかかる利息のことです。

 

通常の利息に加えてさらに利息がかかる形になりますから、余計なコスト負担を強いられます。

 

借金をしたのなら、期日までに返済すべきなのは延滞利息もかかってしまうからという側面もあるわけです。

 

借金返済が立ち行かなくなっている人の中には、この延滞利息がかなりの額に膨らんでいる場合もあります。

 

特に返済を延滞してかなりの期間が経過している人は、延滞利息は延滞日数が長くなればなるほど大きくなるため、多額に膨らんでいることも十分想定できます。

 

もし返済が滞り気味で、今後もスムーズな返済のめどの立っていない人がいれば、債務整理による問題解決も視野に入れるべきです。

 

債務整理の中に、任意整理という方法があります。

 

裁判所など第三者を通さずに、債権者側と債務者側が直接交渉して今後の返済計画を考えるものです。

 

任意整理をするメリットの一つに、この延滞利息をカットできる点が挙げられます。

 

もちろんすべてのケースで、という保証はありませんが、かなりの確率で認められます。

 

プラスして、任意整理後の返済には通常の利息がかけられなくなることもあります。

 

債権者側もこの条件を飲む可能性は極めて高いです。

 

というのも下手に大きな利息をつけて、相手が借金返済できなくなって債権が焦げ付くよりは条件を緩くして債務者が返済できるようにして、少しでも債権を回収できた方が有利と判断するからです。

 

もし借金問題が自分の手に負えなくなっているのなら、弁護士などに相談した方が良いでしょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所