MENU

債務整理を行ったことによるデメリットとは?

債務整理は、多重債務や雪だるま式に膨らんだ借金を、一旦法的に整理するために行われます。

 

債務整理には、任意整理・個人再生・特定調停・自己破産等という方法があります。

 

債務整理を行ったことによるデメリットには何があるのでしょうか。

 

債務整理には、私的整理と法的整理があります。

 

上記4つのうち、個人再生と自己破産が法的整理となります。

 

任意整理は私的整理ですが、この3つを行った場合、全国銀行個人信用情報センター・シーアイシーシー株式会社・日本信用情報機構という3つの信用情報機関のデータベースに事故情報として、その事実が掲載されます。

 

この事故情報は5年〜10年は記録されるため、その間はローンを組むことや、クレジットカードを作ることができなくなります。

 

また、個人再生もしくは自己破産した場合は、官報にその事実が掲載されます。

 

また、自己破産をした場合のみ資格制限があり、警備員や保険の外交員等一部の職業に就けなくなります。

 

その他にも債務整理をした場合、整理した借金の中で、保証人を付けた借金があった場合、保証人に請求がいきます。

 

任意整理の場合は保証人も一緒に任意整理の手続を行う事で返済義務を免れることができますが、その事実は信用情報機関のデータベースに一定期間(5年)記録されますので、信用情報に影響があります。

 

また、自己破産や個人再生をした場合には、保証人が債務を負うことになりますので、保証人に借金を負わせてしまうことになります。

 

これらが主なデメリットになります。

 

色々な人に迷惑がかかってしまう場合があるので、よく考えることが必要です。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所