MENU

母子家庭で借金に困っているのであれば債務整理

離婚率の増加で、いわゆる母子家庭の世帯も増えてきています。

 

子供がいるとなると生活費の他にも教育費も家計を圧迫します。

 

このため、お母さんがいくら一生懸命働いても家計のやりくりが厳しいというケースも出てきます。

 

その結果、カードローンなどの借金に手を出してしまって、返済ができずに困っている母子家庭はいませんか?

 

もし自分の収入では返済できない所まで借金が膨らんでいるのであれば、債務整理を検討すべきです。

 

債務整理は、任意整理や自己破産などいくつかの方法があります。

 

母子家庭であってももちろん、どの方法でも債務整理の手続きは可能です。

 

ただし自己破産に関しては、ギャンブルや浪費によって借金返済が不可能になった場合、借金はチャラにできないので注意してください。

 

どの方法で債務整理するかは、弁護士のような法律の専門家に相談すべきです。

 

ただしそうなってくると、弁護士費用が負担できないというケースも出てきます。

 

その場合にはまず、無料相談を行っている法律事務所があります。

 

そこで債務整理は可能なのか、どの方法で債務整理するのが自分たちの場合ベストなのかの相談をしてください。

 

債務整理をするくらいですから、経済的に困っていることは弁護士も承知しています。

 

そこで弁護士費用の支払いにあたって、柔軟に対処している事務所もたくさんあります。

 

たとえば、報酬を分割払いにしている弁護士事務所もたくさんあります。

 

一括では難しくても、分割であればやり繰りできる可能性もあるので正直に事情を話して対応を協議してみてください。

母子家庭で債務整理を行う際の注意点など

母子家庭で債務を抱えてしまうと、1人で子どもを育てながら返済を行い、生活費や教育費など色々な不安も同時に抱えることが多いです。

 

債務整理を行うことで、毎月の借金返済額を減らし、無理することなく完済を目指すことが可能になります。

 

債務整理でまず思い浮かぶのが自己破産だという人が少なくないのですが、自己破産には色々なデメリットがあります。

 

自己破産すると借金がゼロになるというのは大きなメリットではありますが、相応のリスクも伴うのです。

 

これには、自己破産の手続きをするためには裁判所を通す必要がある、ということが関係してくる部分があります。

 

裁判所に行く時にご近所の人、知り合いなどに見られてしまうことがあります。

 

また、自己破産をすることで国が発行している官報という新聞に似たものに記載されるので、官報をよくチェックしているような知人や身内がいると知られてしまうこともあります。

 

この官報は、最近ではインターネットで全文検索することができるようになっており、知られてしまうリスクは以前より少し高くなっています。

 

自己破産のデメリットには他にも、自分の名義になっている財産を差し押さえられるということがあり、車や家を持っていた場合は自分だけでなく子どもにも影響が出てしまう可能性があります。

 

さらに、自己破産してしまうと債務整理の他の方法と比較すると、教育ローンなどを組むことができない期間が長くなってしまう、ということもあるので自己破産はできるだけ選択したくないという人が少なくありません。

 

自己破産以外の債務整理方法として、主なものには任意整理という方法があります。

 

任意整理の場合、弁護士と貸金業者の間で和解交渉を行うため、裁判所を通す必要がないので負担が少なくなります。

 

任意整理は借金返済が全て免除になるというわけではなく、返済を続行していくための手続きとなります。

 

手続の負担が抑えられる、という意味では債務整理の中ではメリットが多いため、債務整理で最も多く選択されている方法です。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所