過払い金ローン審査

MENU

過払い金返還請求とローン審査

過払い金の返還請求をしたら、ローン審査に通らなくなるのでしょうか? 

 

返還請求をしただけではブラックリストに載りませんから、ローン審査には影響がありません。

 

過払い金は、グレーゾーン金利と呼ばれる高利で返済を続けていた人が、不当に支払っていたお金のことです。

 

本来なら支払わなくてもいいお金ですから、返してくれと要求するのは、正当な権利です。

 

このため、過払いに気づいて返還請求をしてもブラックリストには載りません。

 

通常は問題なくローン審査に通るはずです。

 

ローン会社などが審査の参考にしている信用情報の登録項目には、過払い金請求という項目がありませんから安心しましょう。

 

以前は過払いの請求をすると、「契約見直し」と記載されていたのですが、法改正後は記載することが禁止されています。

 

しかし、貸した金融業者の立場にたつと、過払い金の返還請求をした人は、借入時の契約を守らなかった人になるわけです。

 

約束を守らない人は信用できないと判断して、次からお金を貸してくれない場合が多いのが現状です。

 

ローン審査については、次のように考えてはいかがでしょうか。

 

過払い金の返還請求をした金融会社にローンを申し込んでも審査に通らない可能性は高いが、他の金融会社なら問題はない。

 

しかし借金の返済中に、過払いの返還請求をして借金の残高を減らしたら、債務整理とみなされます。

 

債務整理は事故情報になりますから、約5年はブラックリストに載ることになります。

 

ブラック扱いになると、その間はローンやクレジットカードの申し込みをしても審査に通らないので、注意が必要です。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所