過払い金個人信用情報

MENU

過払い金返還請求と個人信用情報

金融機関がお金を貸すときに参考にするのが、個人信用情報です。

 

これまでのローンやキャッシングなどの借金の状況が記載されています。

 

借金の返済が3回続けて遅れる、または債務整理をすると、個人信用情報に事故情報として記録されます。

 

このことを私たちはブラックリストに載ると呼んでおり、ブラックリストに載ると、その間は借金を申し込んでも審査に通らないのです。

 

過払い金返還請求をすると、個人信用情報に載るのではないかと恐れて、返還請求をしない人もいますが、それはもったいない話です。

 

信用情報の記載項目に過払い金返還請求という項目はありませんから、そもそもブラックリストに載りようがありません。

 

安心して払い過ぎたお金を返してもらうよう、要求しましょう。

 

ただし、気を付けなければならない人もいます。

 

まだ借金を完済していない人は、ブラックリストに載る可能性があるからです。

 

借金が残っている状態で過払い金の返還請求をすると、金融業者は債務整理扱いにしますから、信用情報に債務整理の情報が載り、ブラック扱いとなります。

 

でも、安心してください。

 

戻ってきた過払い金で借金が清算されたら、債務整理の情報は抹消され、ブラックリストから外されるからです。

 

一方、過払い金が少なくて借金の全額を返しきれなかった場合は債務整理が続くので、約5年はブラックリストに記録されます。

 

どうしてもブラックリストのことが気になる人は、弁護士や司法書士に依頼するときに、「ブラックリストに載らないか、念のため確認してほしい」と伝えましょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所