過払い金返還率

MENU

過払い金請求の返還率は?

過払い金が100万円あったから返還請求をしたのに、実際に手元に帰ってきたのは50万円だった。

 

そんな話を聞くことがあります。

 

過払い金は全額戻ってこないのでしょうか。

 

最近で交渉をしても、全額戻ってくるケースが少なくなりました。

 

法律が変わって消費者金融などは、以前のような高利でお金を貸せません。

 

利益があまり出ないので、どこも経営が苦しいのです。

 

しかも、過去の過払い金を返還しなければならないのですから、入ってくる収入よりも、出て行くお金のほうが多くなり、最悪の場合は倒産へと追い込まれてしまいます。

 

このような事情で、返還請求の和解交渉には、なかなか応じません。

 

そこで必要なのが、交渉や駆け引きです。

 

お互いがなるべく歩み寄るにせよ、依頼人に少しでも有利な和解へと持っていくのが弁護士や司法書士の務めです。

 

さまざまな状況から判断して、返還率70%で和解しましょうなど和解条件が決まります。

 

全額返還は当然の権利なのですから、納得がいきませんね。

 

このような場合は、裁判にすれば返還率100%で返ってきます。

 

それなのにどうして、和解交渉で済ませるのでしょうか。最大の理由は裁判にすれば長引くし、手間と費用がかかるからです。

 

全額返還してもらっても、そこから費用を差し引いたら、70%で和解交渉をしたほうが得だったというケースが大半だからです。

 

また、裁判でネックになるのが時間です。

 

裁判になるとどうしても長引きますから、その間に相手が倒産してしまい、100%返還どころか1円も返ってこなかったという最悪の事態になりかねません。

 

会社の経営状況などの見極めも、豊富な情報網を持つプロの弁護士に任せておけば安心です。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所