過払い金クレジットカード審査

MENU

過払い金返還請求とクレジットカードの審査

過払い金の返還請求をしたら、次からクレジットカードの審査に通らないのではと不安になりませんか?

 

クレジット会社の審査は、安定した収入などの条件もありますが、信用機関が提供する個人信用情報でその人に支払い能力があるかどうかを調べています。

 

個人信用情報に事故情報が登録されるとブラック扱いになり、その人はクレジットカードの審査に通りません。

 

ブラック扱いになるのは、消費者金融やクレジットカードなどの借金の返済が3カ月以上滞った人と、債務整理をした人です。

 

過払い金の返還請求だけではブラックリストに載らないので安心してください。

 

しかし、クレジット会社が独自に管理している顧客情報には、返還請求があったことが記録されます。

 

貸した側からすると、契約どおりの金利で返済しなかった約束違反の客という扱いになりますから、たとえブラックリストに載っていなくても、その会社のクレジット審査には通らない可能性が高いでしょう。

 

つまり、その会社が過払い金の返還請求をした顧客を、どのように扱うかによって決まるといえるのです。

 

過払い金の返還請求をしていないクレジット会社なら、このような情報はありませんから、何の問題もなく審査に通るはずです。

 

ただし、多重債務などで借金が返せなくなり、債務整理をするために過払い金の返還請求をする場合は、ブラックリストに載ります。

 

その後5年くらいは事故情報は消えませんから、この期間はクレジットカードを持てないと覚悟しましょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所