MENU

過払い金の返還請求は自分でできる?

過払い金の返還請求を、自分でしたいと考える人も多いのではないでしょうか。

 

多重債務が社会問題となり、政府は消費者金融などの貸金業者への締め付けを厳しくしました。

 

平成22年に「貸金業法」が改正され、グレーゾーン金利の廃止など、高利での借金をなくすように政策を進めています。

 

このため、法改正前に消費者金融などからお金を借りていた人は、その利息を払い過ぎている可能性が高いのです。

 

過払い金の請求をするためには、払い過ぎた利息がどのくらいあるかを調べなければいけません

 

金融業者に取引履歴の開示を求めることから、返還請求はスタートします。

 

取引履歴をもとに過払い金を算出し、そのお金を返すよう求める交渉へと移っていきますが、この時点で、借りていた金融業者が廃業や、吸収合併などでなくなっているケースが多いため、どこに取引履歴の開示を求めればいいのかわからなくて、スタート時点からつまずく人も多いのです。

 

政府の引き締めもあり、多くの金融業者が経営難に陥りました。

 

吸収合併や廃業で、債権が別の会社に移っているケースが増えています。

 

昔はテレビCMを頻繁に流していた消費者金融も、いつの間にか消滅している……。

 

そんな時代になったのです。このような理由からも、自分で請求せずにプロに任せたほうが安心です。

 

どの金融業者も経営が苦しいため、過払い金請求になかなか応じなくなっています。

 

法制度が整ったので、過払い金請求の手続きはシンプルになりましたが、実際の交渉となると難航する場合が多いのです。

 

よほど法律知識に詳しい人でない限りは、プロの弁護士司法書士に依頼することをおすすめします。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所